チヌフカセ釣り必釣法

チヌフカセ釣り必釣法

標準和名は黒鯛、関西ではチヌとよびます。 このチヌの釣り方と、チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法の紹介です。

口コミ通販 > チヌフカセ釣り必釣法

チヌの釣り方

チヌというのは、
標準和名は黒鯛、関西ではチヌとよびます。


チヌ釣りはファンが多く、
特に関西では波止からのチヌ釣りが盛んです。


チヌの釣り方は、
浮き釣りが多く、
その種類も、紀州釣りとよばれる方法、オーソドックスな浮き釣り、
フカセ釣りなどがあります。

浮きを使わない探り釣りのような落とし込みという釣法も
ファンが多い釣法です。


初めてチヌを狙うという人は、
浮き釣りが良いのではないでしょうか。


浮き釣りの中の、紀州釣りというのは、
独特のスタイルがあり、この釣りを禁止して場所もあります。


ですから、ここでは残りの浮き釣り
について説明しましょう。

普通の浮き釣りと、フカセ釣りの違い


チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法



一般に言う浮き釣りは、
狙う棚を決め、錘を使って、
餌を棚まで運んでいきます。

撒き餌も用いますが、
刺し餌はシラサエビ、青いそめなどの
活き餌を使う場合が多いです。


フカセ釣りは、オキアミなどを餌にし、
撒き餌も刺し餌と同じものを用います。

そして、刺し餌と撒き餌を同調させながらチヌに餌を食わせます。


チヌは警戒心の強い魚なので、
いかに警戒心を抱かせず、捕食させるかが難しい釣りです。


そういう意味で、
どちらかというとフカセ釣りの方に釣果の軍配は上がりそうだと
言えます。


ふかせ釣りのメリット

1)撒き餌をすることで、自分のポイントを作ることができる

   フカセ釣りではあらかじめ自分でポイントを設定し、
   狙うポイントを作り出すことができます。

   チヌは緩やかに潮が流れるポイントや
   障害物のある場所を好むため、
   チヌの居場所を推理してから、
   ポイントにマキエをします。

2)ふかせ釣りをする釣り人が多いので情報が手に入りやすい

   釣りは魚という生き物を相手にするため、
   地域ごとにベストの釣り方があります。

   特に、チヌはどんなエサにでも食いつくため、
   フィールドによってアタリが来るエサも異なっています。

   フカセ釣りは全国的人気のある釣法ですので、
   同じ釣り方をしているアングラーからの情報の入手も容易です。


3)浮きに当たりがダイレクトに出るのでわかりやすい。

   フカセ釣りはもともとはウキを使用しない釣りでしたが、
   近年はウキを使用するフカセ釣りが主流になっています。

   アタリが来た場合、ウキがグーッと水中に沈みますし、
   チヌの場合はアワセは遅めですので、
   初心者でも簡単にアワセることができるのです。


4)撒き餌に同調させるので、チヌの警戒心が薄くなる。

   チヌは警戒心の非常に強い魚として有名ですが、
   濁りのある水にいると、その警戒心が驚くほど薄くなります。

   ですから、マキエをしてやることで濁りを再現し、
   その中に仕掛けを自然に同化させれば、
   チヌは食いついてきます。


5)水面直下から底まで広くタナを探れる

   フカセ釣りは上層から下層までを潮の流れに乗せて、
   幅広く探れるのがメリットです。

   ウキ止めを使い、自由にタナを調整できます。

   アタリが取れるタナを取れれば、
   あとは潮の流れに同調させて、
   チヌの口元にエサを届けるだけです。


ですから、これからチヌ釣りをしようという方、
いままでチヌ釣りをしたけど異なる釣り方だったという方には
このフカセ釣りをお勧めします。


さらに、最初からちゃんと勉強しておいて、
釣果を出したいという方には、これで勉強されておくことをお勧めします。
   ↓  ↓
チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

チヌのフカセ釣り必釣法

ここで、ご紹介するチヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法の作者、山崎庄一さんは、
大阪のチヌ釣り名人といわれる人です。


フカセ釣りという釣り方は、波止からだけでなく、
磯場でのチヌ釣りにも非常に有効な釣法ですから、
これをマスターすると、チヌ釣りが楽しくなること請け合いです。


この内容は

第1章 初めての人に、チヌのフカセ釣りについて
・チヌの習性
・フカセ釣りとは

第2章 フカセ釣りのタックル・道具・服装
・フカセ釣りに必要な道具一式
・基本的なロッドの選び方
・基本的なリールの選び方
・リールへの糸の巻き方
・玉網について
・仕掛けについて
・ウキについて
・からまん棒等その他小道具
・サルカンとの結束方法
・服装について
・その他の服飾道具

第3章 仕掛けについて
・オススメのハリスの長さやその理由
・オススメのハリの形やその理由
・ガン玉を打つのはなぜ?どういう時に打つ? などなど

実践編
第4章 チヌ・フカセ釣り実践テクニック
・エサの配合
・道具の配置
・投げ方の基本
・タナどれぐらい狙う?
・仕掛け投入後、どれぐらい待つか?
・アタリの出方と合わせ方
・リールのドラグ調整
・取り込み方
・ストリンガーを実際に使う時

第5章 チヌがいそうなポイントと狙い方、天候など
・釣れる時期と時間帯(春夏秋冬など)
・釣れるポイントの選び方
・釣り場天気を知っておく
・初心者の潮の見極めについて
・活性の見極め
・昼と夜、晴れと曇りの違い
・雨の次の日は?

第6章 一歩踏み込んだテクニック

第7章 Q&A

となっていますから
タイトルを見るだけでも、
どれだけの実力がつくがお分かりいただけるでしょう。


本気でチヌ釣り、フカセ釣りに取り組むなら


チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法


お勧めいたします。

チヌフカセ釣り必釣法 トップへ戻る