タチウオ釣り

tachiuo

​タチウオは獰猛なフィッシングイーターとしても有名ですが、 
白身であさっりした味わいは、食べて美味しい魚として人気が高いですね。

釣りのターゲットとしても、人気の高い魚です。

生息としては、ほぼ日本の周り全域で確認されていますが、
関東から九州にかけての太平洋、東シナ海、大阪湾から周防灘にかけての瀬戸内海、
豊後水道あたりが釣りの対象魚として人気があるようです。

群れで動き、小魚やイカなどを捕食するので、
餌を追って動いていると考えられています。

 

年間を通して釣りの対象とされていますが、地域によって回遊してくる時期がことなり、
特に関西地方では、夏から冬にかけて人気のターゲットとなっています。

昼間は深場で群れており、夕まず目から朝まず目までは、
餌の小魚を追い岸近くの浅場まで移動してくるので、
護岸や、波止からタチウオ釣りを楽しむ人手にぎわいます。

明るい時間帯は、深場に移動し、群れているので、
​これをターゲットにした遊漁船などが集合している様子が見られます。

 

タチウオ船釣り

船釣り

船でのタチウオ釣りはタチウオの群れがいる場所まで移動しての釣り。

朝から夕方までの時間内で出船する船が多いです。

タチウオの習性で、この時間帯は比較的深い場所(50m~100m)での釣りとなり、いくつかの仕掛けがあります。

関東地方から中京エリアでは、胴付の天秤仕掛けで、
餌は秋刀魚、鯖の切り身をチョンがけにして釣る方法が主。

関西から以西、特に大阪湾から瀬戸内海ではテンヤ釣りが主流です。

このテンヤというのは、30号から50号の重さを持つ大きなもので、
錘から大きなフックが出ており、このフックの胴の部分に、
冷凍イワシを針金で巻きつけた仕掛けです。

初めてみる人はこれで本当にタチウオがつれるのか?と思うくらい大きなものです。

天秤仕掛けの場合は、餌とハリがタチウオの口に入ったところを合わせますから、
比較的小さな針になりますが、
このテンヤ釣りの場合はイワシを咥えに来た太刀魚を
​引っ掛ける釣りというほうが正しいかもしれません。

もう一つの船からのタチウオ釣りというと、最近人気なのがジギング釣りでしょう。

100g~200gくらいの重さのジグ(流線型をした金具)に針をぶら下げ、
竿とリールで小魚が暴れているようなアクションをつけながら巻き、
タチウオを食いつかせるという釣り方です。  

最近では、青物と並んで太刀魚のジギング釣りも人気で、
​専用の遊漁船も出るようになっています。

 

タチウオ波止釣り 浮き釣り

 

防波堤

​タチウオ釣りの中でも、護岸や防波堤からの釣りは、手軽で人気があります。

場所によっては、車や自転車で乗り付けられるところもありますから、
サビキ釣りのあとの夕まず目のひと時を
ファミリーフィッシングの締めくくりとしてタチウオ釣りをする人もいらっしゃいます。

 

防波堤や護岸周りは比較的水深は浅いですが、
太刀魚の餌となる小魚が群れていると、
夕方の明るいうちから太刀魚も浅場に回遊してきます。

これを餌を付けた仕掛けで浮き釣りで狙います。

 

浮きはすぐ日が落ちる時間帯ですから、電気浮きを使います。
浮力が3号程度のものが人気ですが、最初は少し大きめのものでよいと思います。

他の浮き釣りと比べて、餌がキビナゴやその場で釣れたイワシなどを使いますから、
錘は浮きの号数より少し軽めのものを使うほうが良いようです。

仕掛けの上にケミ蛍を付けるのが、この釣りの特徴で、
日が暮れて、仕掛けを放り込むとき、浮きと、ケミ蛍の光が飛んでいく様が綺麗で、
この時期の風物詩でもあります。

針は専用針でもチヌ針でもかまいませんが、
ハリスはフロロやナイロンのものでなく、
細いワイヤーで出来たものがよいですね。

これは太刀魚の歯が鋭く、普通のハリスでは歯があたると簡単に切れてしまうからです。

専用のタチウオ仕掛けも売っていますし、浮きもセットにしたものもあります。

 

誘いを入れながら、太刀魚の当たりを待ちますが、
太刀魚は獰猛な割には捕食することが下手な魚なので、一度咥えてから、
針が口の中に入るまで時間がかかります。

早合わせをするのでなく、浮きが完全に水中に消えてしまってから合わせを入れるようにします。

引きはかなり手ごたえがあります。

 

太刀魚の浮き釣りは、のんびり出来る釣りでもあり楽しんでいただければと思います。

 

タチウオ波止釣り 引き釣り

 

タチウオ

​引き釣り タチウオ釣りを、近場で短時間勝負で釣果を上げたいのなら、
タチウオが護岸に近づく夕まず目、朝まず目の活性の高い時間帯に、
手返しの早い引き釣りといわれる釣り方で狙うのがオススメです。

 

タチウオの活性の最も高いのは日暮れをはさんでの2時間くらいといわれ、
この時間帯にタチウオは餌である小魚を食べに群れで護岸に近づいてきます。

 

引き釣りというのは、小さめのテンヤに、きびなごやドジョウを巻きつけたものを、
ルアーのように投げ、引きずってタチウオを釣ります。

一般には、キビナゴよりドジョウのほうが皮が強く繰り返し使えるので、人気があります。

最近では、ルアーやワームなどを利用して同じような釣り方をされていますが、
ベテランの方の引き釣りには釣果もかなわないようです。

 

特に大阪湾では夏の終わりから、タチウオがどんどん入ってきて、
夕方からの防波堤ではタチウオ狙いの釣り人が鈴なりになります。

 

そんな中で必ず何人かはこの引き釣りでたくさんのタチウオを釣られています。

 

見よう見まねでやってみるとわかりますが、
いったいどれくらいのスピードでどの棚を引けばいいのか?
巻いている途中の合わせはどうしたらいいのか?
手返しを良くするにはどうしたら?など、
結構悩みが多くなかなか釣果が上がらないのもこの釣りのむつかしいところです。

 

そういう方にオススメできるDVD教材が タチウオの釣り方です。

講師は山口正信さんという大阪湾のタチウオ釣り名人。

先ほどの悩みのほか
・タチウオの数釣りに欠かせない基本的な考え方とは
・数釣をするために、最も適した竿の硬さと長さとは
・リールは大きめのほうがいいその理由とは
・リーダー部分にワイヤーを使わないそのわけは
・タチウオのいる棚を安定して狙うために、しておかなければならないこととは?
・数釣りをするために、テンヤをSサイズにする理由は
・ケミ蛍のもっとも効果的な使い方とは 

・ドジョウ1尾で20匹釣り上げる付け方とは
・アピール上手な撒き方のコツとは
・太刀魚が釣れるポイントとは
・引き釣りでの、効果的なタナのとり方とは
・引き釣りを最も生かすアクションとは
・当たりが遠のいてきたときにこそ有効なアクションとは
・当たりが出たとき、合わせる効果的なタイミングとは
・数釣りのために必要な取り込み方法とは
・時間帯による攻め方とは
・ワインド釣法との大きな違いとは 

など、

タチウオ釣りをしている人、これから始めようと思う人が、
「あっ! これ知りたい」という内容が一杯入った教材です。

タチウオの釣り方

タチウオの釣果を増やしたい人は是非、勉強しましょう。

 

 

 


太刀魚の釣り方
 
 
 
© 2017 タチウオの釣り方 rss