タチウオ必釣法

タチウオ必釣法

タチウオ釣りの紹介と 太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法の紹介です。

口コミ通販 > タチウオ必釣法

タチウオ釣り

タチウオは食べておいしい魚なので、
釣りのターゲットとして人気の高い魚です。


タチウオ釣りは船でのテンヤ釣り、天秤釣り、ジギング(ルアー)釣りがあり、
様々な場所で行われます。


大阪湾では盛夏からの人気の釣りとなります。


関西の船のタチウオ釣りは、主流はテンヤ釣り。

餌のイワシをテンヤにくくりつけ、
海底から棚を探りながらの釣りです。


天秤釣りは針に餌となるさばの切り身をつけ、
棚を探る釣りで、
関西では一部和歌山方面で行われます。

関東ではこの天秤釣りが主流のようです。


最近ブームのジギングのターゲットとしても人気があり、
大阪湾でも専用船が出るようになっています。



波止や護岸からの釣りは、
タチウオの回遊に伴い、盛夏からだんだんと始まります。


盛期は秋から晩秋にかけてとなります。


こちらの釣りは
浮き釣りと小さ目のテンヤを投げて釣る引き釣りが主流でしたが、
最近は、ルアーやワインド釣法と呼ばれる釣り方も人気が出てきています。

波止からのタチウオ釣り


太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法



波止でのタチウオの地合は短いとされています。


日暮れをはさんでの2時間くらいが最も活性が上がっているとされ、
その間に手返し良く釣ることが釣果をあげるコツです。


ですから、この地合では、浮き釣りより
引き釣りといわれる釣り方が有利と言われています。


引き釣りというのは、小さめのテンヤに、
きびなごやドジョウを巻きつけたものを、
ルアーのように投げ、引きずってタチウオを釣ります。


キビナゴより、ドジョウのほうが皮が強く、
タチウオの口でも食いちぎられず、
使い勝手が良いとされています。


地合が過ぎても、
まったくいなくなるわけではなく、
今度は浮き釣りで狙うという人も多いです。


浮き釣りの場合は、
タチウオ用の専用仕掛に
きびなごや、イワシをつけてタチウオの
食いつくのを待ちます。

太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法

太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法

ここでご紹介する山口正信さんは、大阪湾のタチウオ釣り名人。

波止からタチウオを釣らせると右に出る人はいません。


タチウオの引き釣りをやったことがある人は
お分かりいただけると思いますが、
どのくらいの棚を引けばいいかとか、
ケミ蛍はどうつけたらいいかとか悩み出したらきりがありません。

この教材の内容は
そうした、タチウオ釣りを始めようとする人や、
どうやったらいいかわからないと言う悩みを持った人にお勧めする
教材です。


内容は

1.タチウオの数釣りに欠かせない基本的な考え方とは
2.数釣をするために、最も適した竿の硬さと長さとは
3.リールは大きめのほうがいいその理由とは
4.リーダー部分にワイヤーを使わないそのわけは
5.タチウオのいる棚を安定して狙うために、しておかなければならないこととは?
6.数釣りをするために、テンヤをSサイズにする理由は
7.発光体・ケミ蛍のもっとも効果的な使い方とは
8.タチウオの簡単な締め方とは、
9.タチウオをおいしくいただくために保存する方法とは
10。ドジョウ1尾で20匹釣り上げる付け方とは
11。アピール上手な撒き方のコツとは
12.テンヤにセットしたドジョウのお手軽保存方法とは
13.太刀魚が釣れるポイントとは
14.引き釣りでの、効果的なタナのとり方とは
15.引き釣りを最も生かすアクションとは
16.当たりが遠のいてきたときにこそ有効なアクションとは
17.当たりが出たとき、合わせる効果的なタイミングとは
18.数釣りのために必要な取り込み方法とは
19.時間帯による攻め方とは
20.ワインド釣法との大きな違いとは

などです。

この目次だけを見ても、
これをマスターすれば、
タチウオの数釣りも夢でないと確信できるでしょう。



太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法



マスターされることをお勧めします。

タチウオ必釣法 トップへ戻る