アオリイカ 釣り方

アオリイカ 釣り方

アオリイカ釣りを始めたい、エギングをやってみたいと言う人にアオリイカの釣り方、 アオリイカ釣り必釣法を紹介します。

口コミ通販 > アオリイカ 釣り方

アオリイカとは

アオリイカは水イカ、藻イカなどともいわれる筒イカの一種です。

一般に春、藻場に卵を産みます。孵化した幼魚は夏の終わりにはコロッケくらいの大きさになり、旺盛な食欲で、どんどん大きくなります。11月くらいには1kgくらいまで成長し、水温の低下とともに深場に移動し、冬を越します。そして、春になると浅場の藻場で、産卵し一生を終えると言われています。この時の親イカは2kgのものが多くいます。

水温が16度くらいないとアオリイカは温かいところに移動してしまうので黒潮の当たる沿岸では1年中狙うことができますが、大阪湾や瀬戸内海など内海では、水温が上がってきてからの狙いとなります。

固体が小さい間は、比較的岸から近いところを群れをつくって餌を追っていることが多く、大きくなってくると単独行動で餌を追います。

釣りのターゲットとして好まれますが、小さい個体はできるだけリリースしたいものです。

アオリイカの釣りとは

こうしたアオリイカを釣るには独特の釣り方があります。

エギと呼ばれる、アオリイカが捕食するエビ、小魚に似たルアーのようなものを使って餌と間違え捕食しに来たアオリイカを引っ掛けて釣る漁師の漁法を真似、エギをキャストして釣るエギングが大ブームとなり現在のアオリイカ釣りの主流です。

これをエギングと呼んでいます。

エギングは防波堤や、磯場で、アオリイカが回遊している道筋を狙ってエギを投げ入れるエギングや船でアオリイカが餌場にしている根の周りにエギを投入するエギングなどあります。

エギを使わない釣り方としては、アオリイカが餌とする小魚(小鯵、ベラ)などを、泳がせ、掛け針でかける浮き釣り。小魚を自由に泳がせ、アオリイカが抱きついたところにやえんと呼ばれる掛け針を道糸を使ってエレベータのように滑らせ、アオリイカに引っ掛けて取り込むヤエン釣りがあります。


こうした餌釣りにしても、エギングにしてもアオリイカの習性を理解したうえで、行わないとなかなか思うように行かないのも事実で、そうしたところがアオリイカ釣りの面白さにもなっています。

アオリイカ釣り エギング

ここでは、エギングに焦点をあててご紹介しましょう。

エギングというのは、前に述べたように、エギと言う疑似餌を投げ、アオリイカを釣り上げる釣法です。

時期によってアオリイカの大きさも変わりますのでエギの大きさも変わります。また、場所、時間帯によって、イカにアピールする色があり、イカを引き付けるアクションがあります。

こうした、ことから手軽であるエギングですが、釣果に差がでる釣りでもあるのです。

このエギ(餌木)の選択、ドラグの調整方法、エギングロッドのセレクト法、シャクリ方、取り込み方などアオリイカ釣りのプロの技を学ぶことのできる講座がエギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法です。

かく言う私も、船でのアオリイカ釣りや、餌を使ってのアオリイカ釣りはこれまでもやってきたのですが、このエギングは2,3度やってぜんぜん釣れないのでいらいらしていました。

雑誌や、テレビのDVDなども見るのですが、一向に上手にならないのでどうしたものかと悩んでいました。

そんなときに出会ったのが、エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法です。


エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法


この講座では
第1章アオリイカ・エギングについて
・アオリイカについて
・オス・メスの見分け方
第2章エギングのタックル・服装について
・エギングに必要な道具一式
・ロッドの選び方
・リールの選び方
・ラインについて
・リーダーについて
・偏光グラス
・救命具等
第3章エギについて
・サイズ
・カラー
第4章各種結び方について
・エギとリーダーとの結び方
・ラインとリーダーの結び方
第5章エギング実践テクニック
・投げ方(キャスティング)
・シャクリ方について
・フォールについて
・アタリの出方と合わせ方
・エギの根掛かりの原因と対策
・リールのドラグ調整
・取り込み
・アオリイカの絞め方
第6章ポイントと狙い方、天候について
・釣れる時期と時間帯
・釣れるポイント
・天候
・潮
第7章エギング釣り攻略ポイント
を学ぶことができました。いままで知らなかったこと。疑問だったことがすっと理解できました。

そして、ここで学んだ内容は、陸からのエギングだけでなく、船からのエギングにも生かせました。

釣果も上がり、船で竿頭を何度も取りました。

今度はオフの間にしっかりと身につけ、次のシーズンでは陸からのエギングの釣果をあげたいと思っています。船であれだけ効果があったのですから、楽しみにしているのです。

エギング名人、大森崇弘のアオリイカ釣り必釣法

アオリイカ 釣り方 トップへ戻る